コピー機には家庭用と業務用のものがあり、それぞれに特徴があります。また、業務用ではリースなどもあります。

コピー機は目的に合わせて選ぶのがコツ
コピー機は目的に合わせて選ぶのがコツ

コピー機は目的に合わせて選ぶ

コピー機にもいろいろな種類のものがあります。家庭で使用するものは、パソコンなどのプリンターに機能がついているコンパクトな形のものが多いようです。家庭用のものは、手頃な価格で購入できるのが特徴です。最近では、カラーコピーも可能であり、色も鮮明なものが多くあります。通常、A4サイズまでコピーできる製品が多くなっています。それ以上の大きさもコピーできる製品の場合、若干、価格が高くなる傾向にあります。インクはカートリッジ式のインクジェットプリンターが主流となっています。メーカーや機種によって使用するインクカートリッジが異なるので、インクを購入する時には確認してから購入する必要があります。

仕事で使用する場合には、業務用のコピー機が利用されます。家庭用に比べて価格は高くなりますが、耐久性に優れているのが特徴です。非常に多くの枚数のコピーにも対応することができます。業務用は必要に応じて、カラーや白黒、データから直接印刷できる機能がついたものなど、さまざまな製品の中から選ぶことができます。以前は業務用というと大きなものというイメージがありましたが、最近ではコンパクトなものも販売されています。また、業務用ではリースを利用するケースも多くあります。リースを利用するメリットは、メンテナンスや故障した時の対応などが良いということがあります。購入するか、リースをするかは、それぞれの利用頻度や利用方法などによって決めるとよいでしょう。

その後、そのとびらをあげて紙を取り出すのですが、紙の通り道がむき出しになっているものは少なく、いちいち何かを開け閉めして確かめることになります。そうしてやっと紙を見つけて外しても復帰しないことがあります。最近のコピー機はセンサーの精度も上がっており、ほんの少しの紙切れが残っていると稼働しないのです。手はそのうちどろどろになり、結局メンテナンスサービスを呼ぶ羽目になります。確かに、ソーターの機能は当たりまえ、ホチキスどめまでしてくれる、いろいろなことが自動化されていてすばらしいのですが、どんどんブラックボックス化されているようで少し不気味でもあります。

Copyright (C)2018コピー機は目的に合わせて選ぶのがコツ.All rights reserved.